たかの てるこさんの書籍「笑って、バイバイ!」に共感した話。

2021年10月15日

みなさん、こんにちは。きふどみらいです。

みなさんは、たかの てるこさんの「笑って、バイバイ!」という本をご存じですか?

わたしはこの本を読んで、lastmessageは、まさにこういう役割!そう共感したお話です。

この本が生まれたのは、「いつかは誰にでも訪れる死を、ポジティブに受けとめられる本が書きたい!」「その結果、生きる気マンマンになれるような本を!」と思ったからでした。

たかの てるこ さんの「笑って、バイバイ!」より

ある日、わたしは仕事帰りに青山の書店を訪れました。この書店で本を購入するときはインスピレーションで選ぶようにしているんです。

そこで出会ったのがこの一冊!くちこみで累計14万部を突破した「生きるって、なに?」シリーズ待望の第3弾「笑って、バイバイ!」です。

笑って、バイバイ!を読んで

「いつか人生を卒業する日」を楽しみにできたら 毎日が もっともっと楽しくなる!生きる気マンマンになる本!という紹介があまりにも、わたしにはキャッチで…。

そう、まるでlastmessage(ラストメッセージ)みたい!と感じたのです。

lastmessageは、たかのてるこさんの「笑って、バイバイ!」のように、いつか、誰にでも訪れる死をポジティブに受けとめられるようにメッセージを遺すことからはじめていただきたい。そういうサービスなんです。

そして、人生を卒業する時に大切な人たちが困らないように、いっぱいの愛で包まれたメッセージを遺すことで、そのあとの人生を有意義なものにしていただく…そんなサービスにしたい。それはやがて、健やかで豊かな日本の未来づくりにつながると信じています。

いま、いちばんおススメの本です。

「笑って、バイバイ!」500円(税込550円)、たかの てるこさん http://takanoteruko.com/