lastmessageとは

人生のラストメッセージを発動します
新時代YUIGONサービス

lastmessageとは

人生のラスト
メッセージを発動します
新時代YUIGONサービス

あなたは人生の最期に
何を伝えますか?

法的な効力を持たないデジタル遺言*も「感謝の気持ち」「未来へのエール」「財産のストーリー」などを届けるのに最適です。

あなたを想う大切な人たちが、あなたのいない未来で困らないように、ラストメッセージを願う、そんな思いから誕生したサービスです。

きふどみらい
きふどみらい

法的に有効な 公正証書遺言 も作成可能になりました! NEW

選べる!lastmessage

想いを伝えるデジタル遺言*
ラストメッセージ

人生のラストに、感謝の気持ちや財産の分け方など、あなたのハート♡を伝えるデジタル遺言*が作成できます。

*デジタル遺言は、法的な効力を持ちません

法的に有効な遺言書
1人でできる!公正証書遺言

正式な遺言書の中でも、形式の不備による無効や紛失のリスクが小さい公正証書遺言の原案のまとめが作成できます。専門知識がなくても、作成方法がわからなくても、ガイドに沿って入力するだけ!

※ご利用にはlastmessage会員登録(無料)が必要です。
※公正証書遺言の作成にあたり、【1人でできる!公正証書遺言】利用料14,850円(税込)と、財産額に応じて法的に定められた「公証人手数料」が別途必要です。

人生100年時代lastmessage

手軽に寄付できるしくみ
カンタン寄付

手軽に寄付ができるしくみをつくりました。あなたの寄付を必要としている団体をみつけることができて、一括でカンタンに寄付することを代行しています。

人生には友がいる
ライフレ!

人生100年時代を楽しく生きるための「友だち」を見つけてください。ここは人生の目標を軸に、それを達成するためのマッチングを行うサービスです。

無料で使える
MENU

弁護士・司法書士・税理士へのカンタン相談もOK!新しい終活の機能が続々登場!
たくさんの機能を無料提供。

エンディングノートを作るなら
オンラインのlastmessageを、どうぞ。

※一部サービス内に課金あり

人生の最期に届けたいメッセージを発動
人生を楽しく生きるためのリスト管理
思い出やファイルを保管するストレージ
アカウントを30件まで一括管理できる
定期的に生存確認をして見守る機能
手軽に寄付ができるしくみ
遺言・相続・税務の相談で回答を得る
遺言・終活の形式を見つける診断ツール
自分1人で正式な公正証書遺言を作成 NEW

ストーリー
STORY

あの時、何を伝えたかったのですか

このサービスのインスピレーションは
師匠として親ってきた大切な方が亡くなられたことがきっかけです。


わたしが病院へ駆けつけた時にはもう話が
できず、言葉が聞きとれない状態でした

最期に一生懸命に何かを話そうとしていて

あれは何だったんだろう…
聞きとりたかった。


あの時、何を伝えたかったのですか

いまでも、いつまでも
そのことを考えてしまいます。

この経験から人生の最期に
メッセージを遺そうと思いました。


株式会社 パズルリング
代表 山村 幸広

はじめての lastmessageラストメッセージ

  • 遺言‣相談チェックは、最適な遺言・終活の形式がみつかる、無料の診断ツール
  • 終活のはじめや、はじめて遺言書を作成する時、遺言のコトがわからない時に便利。
  • 所要時間は約5分家族構成図のイメージが作成できるのはココだけ。
シュミレーションの見本
家族構成図のイメージができる!
法定相続分をシュミレーション!
遺言書 or デジタル遺言*のご案内
きふどみらい
きふどみらい

デジタル遺言*と、法的に有効な 公正証書遺言 で悩んだら診断ツールがあります。

こんなとき、どうしますか?

きふどみらい
きふどみらい

このラスメまんがの作家さんはあそびクリエーターとして人気のリベットボタンさんです。lastmessageの世界感をオリジナルで描き下ろしてくれました。

遺言書の必要性

  • 欧米諸国と比較して日本の遺言書作成率は低く、人口の約10%、遺言書がないために生じるトラブルは少なくありません
  • 家庭裁判所での遺産相続案件のうち75%以上は遺産額5000万円未満。1000万円未満でも、32%を超えます。遺言書を遺す必要があるのは資産の多い人だけと思われがちですが、資産が少ない場合でもトラブルは発生します。
  • 遺産相続終活遺言書など、個々の事情に応じた具体的な相談ができます。遺言書を用意することで、資産を相続させる相手や分け方について、自分の希望を明確に伝えることができます。
  • 全国意識調査(lastmessage調べ)にて、人生のラストへの備えについてをたずねると、7割以上の人が「何もしていない」と回答。ところが、70代以上になると「エンディングノートや紙にまとめている」13.1%、「保険・証券や資産の場所、葬儀について家族や信頼できる人に伝えている」15.2%など、備える人の割合が増え、「何もしていない」人は58%にとどまります。
MEMO

パスワードやサブスクのこと…ふと大事なことを思い出した時、どこにいてもオンラインであれば書き換えができます。紙やメモ、ノートにペンで書くエンディングノートとは違ってマルチデバイス対応だから書き換えはいつでも自由です。ソファに隠したヘソクリも家族が知らなかったら粗大ゴミで捨てられて困ります。

ニュース

  • ニュース1
  • ニュース2
  • ニュース3

コラム

  • コラム1
  • コラム2
  • コラム3